ホームインスペクション

ホームインスペクション(住宅診断)とは?

ズバリとホームインスペクションとは、住まいの健康診断をすることです。

住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、住宅の診断をおこないます。安心で安全な住宅の普及を目的としています。

どんな時に使うの?

おもに住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前にホームインスペクションを行うことで、建物のコンディションを把握し、安心して取引を行うことができます。居住中のご自宅のチェックや、不動産仲介業者が物件の状況を消費者に明らかにするために利用するケースも増えています。

ホームインスペクション(住宅診断)

住まいの状態をJSHI公認ホームインスペクターが診断します

住宅診断はご相談ください

ホームインスペクターがプロの目で建物を診断し、中立な立場でご報告いたします!

何を見てるの?

何を見てるの?

基礎から、ハリ裏、外壁まで、すべてをチェックし、住宅のコンディションを把握していきます。

診断後には、診断書を発行し、家の履歴書として残していきます。

どんなメリットがあるの?

買主・住まい手として

・住宅に問題がないか、専門家がチェックすることで、安心して購入・居住することができます。

・住まいの価値を見極めるポイントとなります。

・いつ頃、どこに、どのくらいのお金をかけてメンテナンスすればよいか、見通しをたてることができます。

・住宅の修繕箇所、改善点などについて、売主側にも根拠を持って知らせることができます。

・売主側との関係を損ねることなく、対応や説明を求めることができます。

・住宅の構造、設備など、本質的な性能がわかります。

・住まい手の立場からみた報告やアドバイスを受けられます。

・住宅診断の報告書を「家の履歴書」として残せます。

売主・不動産仲介業者として

・住宅の状態を明らかにして買主に情報提供できます。

・売った後の、建物の不具合について買主とのトラブルを未然に防ぐことができます。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

住宅診断についてのご質問、その他お問い合わせはこちら